「女の子がリアルタイムでオナニーしてくれて、アヘ声を聞かせてくれるのは半端じゃねえぞ」
 同僚のこの言葉が頭の中に響きまくってしまったのでした。
今現在オナニー中の女の子のアヘ声を聞くことができる、しかも指示を出して快楽を与えることができる、男にとってこれはかなり充実感を感じる部分ではないかと思うのです。
女の子が自分の命令通りにオナニーをしてくれるなんて、まるで夢のようだと感じました。
そんなにすぐにエッチな女の子と通話ができるんなら、僕も使ってもいいんじゃないって思ったのです。
非モテな同僚がうまくやれたのだから、僕だって何とかなるに違いないと即座に判断しました。

 

 テレセなんて経験はないものの、興味は持っていました。
同僚がテレクラを使って見事に、素晴らしすぎるテレフォンセックスに成功したのだから挑戦してみる価値はあると考え利用してみることにしました。
テレクラマックスの評価など見ても、なかなか良かったのです。
これなら僕だって楽しめるぞという気持ちで、初めての電話エッチにチャレンジしてみました。
するとエッチな気分の女の子と、いきなり通話が始まってしまいました。
「もしかして濡れてるの?」
「う、うん…ヌルヌルしている」
すでにオマンコが濡れている女の子と通話、心臓が早鐘を打っているような状態でした。
「それじゃ触ってみれば」
「うん」
僕の指示に素直に従ってくれるのです。
こんな経験初めてで、今まで感じたことがないようなドキドキした気分になってしまっていましたし、チンコの方はフル勃起を持続って感じでした。
女の子の喘ぎ声を聞くと、どんな姿で触っているのか?って妄想が激しくなってしまったんです。
夢中になってオナ指示を出しつつ、女の子がどんな姿で感じているのか妄想していきました。
オナ見してみたいな、強烈にそんな気持ちになってしまっていました。